電話による情報流出

プライバシーという言葉は昔からある言葉ですが、近年さらにプライバシーという言葉が世間を飛び交っているのにもお気づきでしょう。現代社会では個人情報が流失して悪質な犯罪に利用される事件が増えています。自分に電話がかかってきた時、恐らく大半の人が知り合いにも赤の他人にも関わらず、自分の名字を言っているのでははいでしょうか。電話の向こうにいる人が誰だか分からない場合に、自分の名を言って電話に出てしまうとそれだけで個人情報の流失になるのです。

自分宛ての郵便物の取り扱いは?

自分宛ての重要書類やダイレクトメールなどさまざま企業から日々郵便物が届けられるはずです。会社関係だけでなく、友人や知人などを含めた個人のやりとりも勿論あって当然です。慎重に取り扱うべき書類などは自宅に保管するでしょうが、お馴染みのダイレクトメールなら、不用意にゴミ箱行きとなる場合も多々あるでしょう。ハガキや手紙を捨ててしまうことも、ある意味個人情報の流出と言えます。ゴミの中から住所や名前が記載されているダイレクトメールが犯罪に悪用されることにも成りかねません。

プライバシーの流出を防ぐ方法!

書類などの紙ベースには大切な個人情報が含まれていることが多く、そういった物を処分する際には、燃やしてしまうことが一番です。燃え切ったことを自分の目で確認すれば、その情報がこの世から抹消されたと安心できるでしょう。燃やす以外では、シュレッダーにかけるという手もあります。シュレッダーハサミという安価な便利品も最近出回っています。銀行の口座カードやクレジットカードなども落としてしまうと、プライバシーの流出に繋がりますから、カードの管理は特に厳重にすべきです。

シュレッダーは会社の機密書類や家庭で個人情報が記載された書類を細かく裁断するときに使う機械のことです。